行かなきゃよかった!

0

    JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

     

    みなさん、どうも。

     

    釣行記録を兼ねているので書いておきます。

    昨日まで荒れていたからウネリが残っていること、濁っていること、底荒れしていることは分かっていたのに、気になっていたポイントで投げてみたいばかりに鹿島まで行って来ました。

    案の定、アタリの「ア」の字もありませんでした。

    しょうがないのでいつものポイントに戻って1時間。

    15cmが1匹でした。

    粘れば数匹は釣れたのかもしれませんが、小型を数匹持ち帰ってもしょうがないし、車のオイル交換もしたいし、借りたDVDも見なきゃいけないので帰りました。

     

    鹿島まで1時間半もかけて行く価値があったのでしょうか?

    ガソリン代の無駄使いですね。

    でも、これで諦めがついたと言うか、次のステップに行けます。

     

     

    過去の日記はこちら

    久慈浜だっぺ。

     

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村


    ハゼの仇をシロギスで

    0

      JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

       

      みなさん、どうもね。

      昨日、あろうことかハゼでボーズを食らったyamaです。

      普通、ハゼならばボーズは無いよね。

       

      昨夜は悔しくて飲みすぎ。(悔しくなくても飲みすぎるけど)

      今日は朝から天気が良く、近くの山へ行くか不完全燃焼を解消するために釣りに行くか迷っているうちに9:30になってしまった。

      鹿島港の満潮が14:41なので、鹿島方面へシロギス狙いで行くことにした。(出発が遅すぎるって)

       

      今日の控えめな目標は10匹。

      もしかしたら連荘ボーズの悪夢が脳裏をよぎる。(定型的な言い回しだね)

      11:30スタートで、いつもの船道はゴミが溜まっており底荒れが残っているようだ。(今日の言い訳は「底荒れ」ね)

      そこで、いつもは投げない方向へ投げてみたら14cmが来た。

      もしかしたら今日はこのあたりにいるのかな?

      、、、そうでした。4色と5色の糸の範囲にいました。

       

      12〜15cmと、ここでのレギュラーサイズが13匹。

      釣れないよりマシですが、毎度のことですが、良型釣りたいもんです。

      20cmオーバーを釣ったのがいつだったか、すっかり忘れてしまったよ。

       

      キスを釣った日の毎度同じ刺身の写真ですな。

      しかーし、今日の写真は、いつものキスの刺身の写真と違うところがあります。

      それはどこでしょう?

      下記の3つの中に正解があります。

       

      ,い弔發魯インズブランドの「黄金」なのに、今日はキリン「のどごし」

      △い弔發魯インズブランドの「黄金」なのに、今日はキリン「一番搾り」

      いつもはキリン「のどごし」なのに、今日はキリン「一番搾り」

       

      、、、知らんわ(怒)!

       

       

      過去の日記はこちら

      久慈浜だっぺ。

       

      にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
      にほんブログ村


      ハゼ釣りでボーズを食らった時の言い訳は?

      0

        JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

         

        みなさん、どうも。

         

        やっぱりアレですかね。一昨日の大雨の影響でしょうね。

        かなり水温が下がって、濁りもひどかったですもん。

        私がハゼ釣りでボーズを食らうなんて、こんな悪条件でなければ、あり得ませんよね。

         

        先週、墓参りに千葉へ行く途中で涸沼川の大貫橋付近を偵察してきた。

        けっこう釣り人がいる。さすが茨城県中央部では超有名ハゼ釣りポイント。

        でも、、、釣れていない。

        車の中で待っていた女房に状況を聞かれたので、「人は多いが、みんな素人。釣れてないね。」と答えたら、「ずいぶん偉そうじゃない。」と言われた。ははは、翌週、自分に返ってきたよ。(今風に言えばブーメラン?)

         

        私は今まで久慈川でしかハゼ釣りをしたことがなかったので、「ここらで一丁、道場破りでもやってみようか」と自信満々で行ってきましたよ、涸沼川。

        大貫橋の上流、下流、涸沼川橋の下でそれぞれ3投しましたがアタリゼロ。

        「こんなはずじゃなかった、、、」と言っても遅い。

        このままじゃ帰れないので、久慈川のマイポイントへ移動。

        2か所で投げたけどミニセイゴが数匹。ハゼのアタリゼロ。

        おい、おい、久慈川で俺がボーズってか?

         

        ちなみに明日(10月1日)は、久慈川ハゼ釣り大会があります。

        10匹の総重量で順位が決まるそうです。

        子供が小学校の頃に参加したことがありますが、あの時は匹数勝負で、マハゼ以外のヌマチチブもOKだったような記憶があります。

        今回はより勝負色が強まったようですね。

        ちなみに私は参加しませんが。

        今日の状況では10匹揃えること自体難しいのではないでしょうか。

        最も釣れる確率が高そうなのは、2本ぐらい置き竿にして、みゃく釣りで手前の障害物付近を探り歩くと良いと思います。

         

        まぁ、「たかがハゼ、されどハゼ」ですね。

        今秋中にリベンジは出来るでしょうか?

         

        涸沼名産シジミは釣れる。

         

        過去の日記はこちら

        久慈浜だっぺ。

         

        にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
        にほんブログ村

         


        心が折れやすく、諦めが早い性格は、キス釣りに向いていないのか?

        0

          JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

           

          みなさん、どうも。

          タイトルが長くてすいません。

           

          今日は休みだったのでキス狙いで釣りに行ってきました。

          那珂湊・・・ピンギス1匹

          玉田ヘッドランド・・・ピンヒラメ(そんな言い方ある?)1匹

           

          いませんね、キス。

          確かに私は諦めが早いですが、キス釣りの場合、粘っていれば釣れるというものではないことは、キス釣りをする皆さんにはご理解いただけると思います。(一応、言い訳しときますね。)

           

          どこへ行けば釣れるんでしょうね?

          波崎の方かな? それとも鹿島港かな?

          写真を撮る気力もありません。

           

          午後がヒマになってしまったので空き地の草刈りでもしようと刈払機を出したら、フィルターカバーが無くなっていた。

          これじゃゴミがエンジンに吸い込まれてしまいますがな。

          古い機械でメーカーも今は無いためアマゾンやヤクオフで探しても見つからない。

          エンジン自体はまだまだ回るので、フィルターを自作するしかないかな?

           

          そんな訳で草刈りも出来ず、気分転換に湯楽の里へ行ってまったり風呂に浸かってきたよ。

           

          にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
          にほんブログ村


          毎年恒例、海の日だから釣りに行ってみた

          0

            JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

             

            どうも。

             

            釣れないのは分かっているのに、そこはやっぱり「海の日」だから(そこはやっぱりブログネタが必要だから)、久慈漁港へ行って投げてみた。

             

            久慈漁港は、会社帰りに頻繁に偵察しているけど、この夏はぜんっぜん、釣れていない。

            本来ならばサビキでアジが釣れても良さそうなんだけどね。

             

            まぁ、そんな訳で、向かい風の中、シロギス狙いで船道に投げた訳だけど、6投してアタリゼロ、エサもそのまま戻ってくる。

            それならばエサを大きめに付けて置き竿にしてみたら?

            、、、そう、フグの連でした。

             

            収穫は、腰痛い&向かい風にもかかわらず5色投げられたことくらいかな。

             

            にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
            にほんブログ村


            テトラの上を跳び歩く

            0

              JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

               

              みなさん、どうも。

               

              堤防で釣りをする上で、テトラポッドの上を移動することは避けて通れません。

              若い頃は(いつやねん?)、「堤防上のファンタジスタ(ファンタジスタという言葉自体が死語?)」とか「堤防上の牛若丸(知ってる?)」と、自分で言ってましたが(昔も書いたよね)、さすがに腰痛もあり、寄る年波には勝てなくなってきました。

               

              昔(30歳くらいまで)

              何の問題も無く、テトラ間2mでも跳んで移動していました。思った場所に着地できないなんて考えもしませんでした。足を滑らせてテトラの隙間に落ちる人に対して、「テトラでの釣りはやめたほうがいいよ。」なんて馬鹿にしていました。

               

              近年(30歳後半から腰痛手術まで)

              腰痛(椎間板ヘルニア)により、テトラ上の移動がつらくなってきました。でも、視力と平衡感覚は鈍っていないので、「腰さえ治れば!」と思っていましたね。

               

              直近(腰痛手術から最近まで)

              腰は治りましたが、視力が、、、

              狙った場所に跳べません。

              眼鏡を作り直しましたがだめです。距離感がつかめません。

               

              現在

              平らな三角テトラでも怖いです。自分の足さばき(足の移動)が頭で考えるイメージ通りにできません。

               

              結局のところ、これが『老化』なんでしょうね。

              気持ちは20代のままでも、体は正直です。

              、、、無理せず、年齢相応な釣りをするしかないですね。

               

               

              にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
              にほんブログ村


              リハビリ釣行

              0

                JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

                 

                ういっす、久しぶりです。

                ブログの書き方(更新方法)忘れてしまい、四苦八苦しながら思い出しました。

                 

                1月に筑波山へ行ってから今まで海にも山にも行きませんでした。

                忙しく、腰痛などもあり、更新も出来ない状況でした。

                やっと落ち着いてきたのでキス釣りに行ってきました。

                 

                2時間半で小型7匹。

                いつものパターンですな。

                これで私の日常が戻りましたね。

                相変わら盛り付けがいい加減(これも私の特徴か?)

                 

                で、これからどうすればアップロード出来るんだっけ?

                 

                 


                ハゼ釣りの思い出

                0

                  JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

                   

                  みなさん、どうも。

                   

                  またまた古い話で恐縮です。

                  歳を取ると、昔の記憶を語りたくなるというか、残したくなるものです。ご理解ください。

                   

                  中学生の頃まで、久慈川河口は今の形と違っていました。

                  今は日立市と東海村の境を東にまっすぐ海に注いでいますが、昔は直角に1kmほど北進してから海に注いでいました。

                  現在の久慈サンピア日立やおさかなセンターがある場所は久慈川で、サンピア前の国道245号は砂州(通称:向こう渚)でした。

                  この砂州の内側である久慈川河口は、いろいろな魚が釣れる場所でした。

                  秋に遡上する鮭をギャング針を遠投して狙う違法?な釣り。釣り上げたらすぐに衣服の中に隠して持ち帰る。または砂に埋めて暗くなってから掘り出しに来るなどスリルのある釣り(スリルか?)を、子供ながらに憧れて見ていました。(確か、河口での鮭釣りは違法ですよね。)

                   

                  ハゼ釣りの話でしたね。

                   

                  近所の今はなき小松釣具店でお猪口1杯分100円くらいのゴカイ(本ゴカイ)を買ってハゼ釣りをするのが本道の時代でした。

                  小松釣具店の店先に立てかけてあった3mほどの竹の一本竿(述べ竿)を買って、1〜2号のテグスをミチイトにして、ゴム管・棒ウキ(トウガラシウキ?)・カミツブシ・サルカン・袖針(5号くらい)で水深50cmほどの波打ち際でウキ釣りが当時のハゼ釣りのパターンでした。

                   

                  当時、お猪口一杯分100円のゴカイは、子供にとってぜいたく品でした。

                  そこで、ハゼ釣りの前に自転車にスコップとブリキのバケツを積んで茂宮川河口へゴカイ掘りに行きました。

                  「もくちゃ」と呼んでいた本ゴカイよりも太くて雑な感じのゴカイがいくらでも採れました。

                  ついつい、1日の釣りに使う分より多く採ってしまい、余らせて死んでしまったもくちゃを川に捨てに行くこともしょっちゅうでした。

                   

                  当時の久慈川河口では、波打ち際からほんの数メートル先の短い延べ竿で届く範囲でハゼが釣れました。

                  小型も多かったですが、15cmクラスは普通に釣れましたし、時々20cmクラスも釣れました。

                  投げ釣りやみゃく釣りもやらず(道具が無いから、やりたくても出来ない。)ウキ釣りだけやってました。

                  小さいカミツブシに小型の棒ウキなので、良型が掛かると海底を走り回る(泳ぎ回る)手ごたえが楽しかったですね。

                   

                  ハゼはいくらでも釣れるので、朝から夕方までやるとバケツ一杯になってしまいます。

                  子供には、途中で止めるという分別なんかありませんから、毎回釣れるだけ釣ってしまいます。

                  家に持ち帰ると母親に叱られます。

                  「どうせ食べないのに、こんなに釣ってきて!」

                  そう、母親はハゼを調理してくれませんし(そりゃそうだよね、こんな小さい魚が大量じゃ)、調理されても当時の自分は食べないし。

                  結局、翌日になって、バケツ一杯の死んでしまったハゼを久慈川へ捨てに行くことになります。

                   

                  贅沢な時代でした。

                  そして、もったいないことをしました。

                  今じゃ、久慈川河口で小型のハゼを10匹釣るのに四苦八苦していると言うのに、、、

                   

                  歳を取った今でも夏から秋にハゼ釣りに行くのは、あの頃の記憶が蘇るからかもしれません。

                   

                   

                  過去の日記はこちら

                  久慈浜だっぺ。

                   

                  にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                  にほんブログ村


                  釣れないより釣れたほうが、、、

                  0

                    JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

                     

                    みんさん、かえってどうも。

                     

                    代休が2日あるので、1日を使って、満を持して平日の堤防へ行ってきました。

                    1月も中旬、そろそろカレイが釣れてもいいだろう。平日だからポイントは選び放題。釣れない理由が無いね。

                     

                    、、、が、

                    周囲に数人いる釣り人も、、、

                    私も、、、

                    後から来た常連さんも、、、

                     

                    だーれも釣れない。(目撃したのはエイ3匹だけ)

                     

                    なんとか、ヘチに垂らしておいた竿にアイナメ(20cmくらい)が釣れてボーズは免れたが、、、

                    不完全燃焼ですね。

                    もちろん、20cmのアイナメであれ、ボーズよりうれしいですよ。

                    でもねぇ。

                    これで満足は出来ませんよね。

                     

                    と言う訳で、あと1日残っている代休を「いつ使うか?」が問題ですな。

                     

                    わざわざスカリに入れるサイズか?

                     

                    とにかく暇な堤防。小鳥が友達。

                    釣り人に慣れているんだろうね。この鳥もハクセキレイも人間を恐れない。近寄ってきては青イソメの破片を食べている。

                    ハクセキレイよりも、この小鳥のほうが強いみたいで、ハクセキレイを威嚇していた。、、、こんなこと観察してるって、ほんとにヒマだよね。

                     

                    お約束。

                     

                    ガストーチで皮を炙ってみた。、、、失敗。

                    なにしろ小さなアイナメなので、中骨を取るために5枚におろしては食べる部分が少なくなってしまうので、中骨ありの3枚おろしで、皮を引くと更に食べる部分が少なくなると思い、皮をガストーチで炙ってみた。

                    皮が固い。小さな中骨が気になる。

                    皮が焦げるまで炙るべきだったかな?

                    そもそもアイナメは皮付では食べないほうが良いかな?

                    次回アイナメが釣れた時に再挑戦です。

                     

                    いつになったらカレイが釣れるのだろう?

                     

                    過去の日記はこちら

                    久慈浜だっぺ。

                     

                    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                    にほんブログ村


                    歌謡ドラマ スカイレストラン/ハイ・ファイ・セット

                    0

                      JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

                       

                      紀 香:久しぶりね。元気だった?

                      まなみ:元気だった?って、ホントに久しぶりね。会うの4年ぶりぐらいじゃない?

                          どうしてたのよ今まで?連絡もくれないで。

                          いきなりLINEで「飲もう」なんて。

                      紀 香:最近LINE始めたんだけど、ほかに友達いないから、、、

                      まなみ:LINEを試したくて連絡くれたのかよ! ったく!

                      紀 香:ごめんね、それはそうとお酒注文しましょうよ。

                          私は、カインズホームのプライベートブランドビール「黄金(こがね)」くださーい。

                      まなみ:ちょっとぉ、居酒屋に大手スーパーのプライベートブランドは置いてないんじゃない?

                      紀 香:ところがあるのよ。この店は偉いわね。

                      まなみ:偉いかなぁ? そうね、ある意味偉いかもね。

                          それじゃ私も付き合うわ、すいませーん、イオンのプライベートブランドビールの

                          バーリアルくださーい。あと、湯豆腐2人前お願いしまーす。

                          、、、さてと、この4年間の事、聞きましょうか?

                      紀 香:(プライベートブランドビール詳しいじゃん。)

                          、、、、、いろいろあったわ。

                      まなみ:えっ? その一言で終わり?

                          もしかして話したくないことが多いとか?

                          それじゃ聞かないでおくね。

                          じゃぁ、彼ィさん探しはどうなのよ? 行ってるの?

                      紀 香:ずーっと行ってなかったわ。たぶん2年半ぐらい。

                          やっと気持ち的に余裕が出てきて、今日、久しぶりに行ってきたの。

                       

                      ♪もしここに彼女が来たって

                       席を立つつもりはないわ

                       誰よりもあなたのことを

                       知っている私でいたい

                       長いこと合わないうちに

                       あなたへの恨みも消えた

                       今だけは彼女を忘れて

                       私を見つめて

                       

                      まなみ:そう、こんな歌を持ってきたってことは、相変わらずボーズだった?

                      紀 香:決めつけないで。ボーズじゃないから。

                      まなみ:へぇー、以外ね、彼ィさんゲットしたの?

                      紀 香:彼ィさんじゃないけど、、、言えないわ。

                      まなみ:言えないって、釣果があったんなら自慢すればいいじゃん。

                      紀 香:、、、、、ナマコさん、、、、、

                      まなみ:ちょっと、ちょっと、それ釣果って言わないから普通。

                          巻いてくる途中で偶然引っかかっちゃったんでしょ。なんだか重いな〜って。

                          だいたい、ナマコは釣りの対象魚じゃないから、って、魚じゃないし。

                          ナマコを釣果って言う時点でアウトでしょ!

                      紀 香:だって、さすがに私もヒトデやフグはカウントしたくないし、、、

                      まなみ:あたりまえじゃない! 少しは釣り師としてのプライド持ちなよ!

                          まったくもぉ! 4年前と全然変わってないじゃない!

                          、、、、でも、変わってなくて良かった。

                          あなたはあなたのままでいてね。

                      紀 香:ボーズ体質のままでいろってこと?

                      まなみ:まぁ、そんなことはいいじゃない。湯豆腐が煮詰まっちゃうわよ。

                          食べよ。

                          お酒も追加たのもうよ。

                          次はどのスーパーのプライベートブランドビールにする?

                       

                      ♪なつかしい電話の声に

                       出がけには髪を洗った

                       今だけは彼女を忘れて

                       私を見つめて

                       私を見つめて

                       

                       

                      案の定、リールに青錆が発生していた。

                       

                      ラインローラーは固着して回らない、、、想定内でした。

                       

                      生物の写真はこれだけ

                       

                      暇だから、ダースベイダーごっこ

                       

                      結局、「カレイは寝て待て」

                       

                       

                       

                      過去の日記はこちら

                      久慈浜だっぺ。

                       

                      にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                      にほんブログ村



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 標高533mでも、コースタイム4時間でも、侮れない雨巻山
                        yama
                      • 標高533mでも、コースタイム4時間でも、侮れない雨巻山
                        渡辺
                      • バラシ!
                        yama
                      • バラシ!
                        ひらめ
                      • 裏筑波山
                        yama
                      • 裏筑波山
                        カワハギ
                      • 福岡:大濠公園の花火(行かなかったけど)
                        yama
                      • 福岡:大濠公園の花火(行かなかったけど)
                        kaneちゃん
                      • 心が折れやすく、諦めが早い性格は、キス釣りに向いていないのか?
                        yama
                      • 心が折れやすく、諦めが早い性格は、キス釣りに向いていないのか?

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:107 最後に更新した日:2017/10/09

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM