ボーズを覚悟した日

0

    みなさん、どうも。

     

    タイトルを素直に解釈すると、普段はボーズなんてあり得ないのに、今日は”珍しく”ボーズかもしれないという風に読めますよね。

    、、、まぁ、いいじゃないですか。

     

    小名浜沖堤防 5:00〜15:00

     

    5:00 沖堤防上陸 今日はゴーマル&ナメタ含みで6枚くらい釣れちゃうかな。(根拠のない予測)

    5:30 何か小さな生き物が付いている、、、鉛筆アナゴでした。例によって仕掛けぐちゃぐちゃ。

    6:10 へチに垂らした竿に小型ドンコ。アタリ出ず。

    6:50 満潮潮止まり 6時から8時までが狙い目と思っていたが、何も起こらず。

    8:00 集中時間帯終わり。やっぱり何も起こらず。

    8:30 南へ200mほど移動。外側4本体制。

    9:10 アナゴの手ごたえ。海底から引っ張り出すときは抵抗するけど、浮くと軽いからアナゴとすぐわかる。

    9:30 2度目の根掛かり 心が折れそうになる。

    9:45 第一次偵察(南側) 昼寝してる人2名(天気は良いし、釣れないし、昼寝日和)ストリンガー1名内容不明

    10:00 エサ取り多し このままボーズかも 

    10:13 遊覧船通過 スイートメモリーが控えめな音量で流れていた。以前は美空ひばりの乱れ髪を大音量・エンドレスで流していたよね。(どうでもいいか)

    10:43 北へ100m戻る 内側4本体制に

    11:20 昼食(混ぜ飯おむすび&おかずセット 高菜・梅ちりめん 税込298円)

    11:30 第2次偵察(北側)ストリンガー1名 ちっちゃいカレイとのこと 昼寝してる人1名

    11:50 根掛かり3回目 ラインも心も切れた。

    12:00 正午の迎え船で帰る人数名 正解かも(弱気)

    12:05 内側エサ取り少ないがアタリも無し。

    12:20 少し重いぞ、ヒトデかな? ピンクのメタルジグでした。

    12:25 内側4本から内外2本づつに変更。

    13:11 4回目の遊覧船通過 けっこうお客さん多い(大きなお世話か)諦めの気持ち大きくなってきた。 

    13:54 2時の迎えの船 あと30分頑張ろう。今日はやっぱりボーズかな。

    14:00 ついに来た!良い手ごたえ!46cm!ボーズ脱出!ボーズと1枚じゃ天と地ほどの差があるよね。

    14:30 その後は何も起こらず、かたずけ開始。

    15:00 終了

     

    アナゴの白焼き(アナゴを捌くの久しぶり)

     

    まぁ、そんな釣行でした。

    今後どうする?

    ゴールデンウィークも小名浜沖堤防でカレイを狙うか?

    釣れる可能性は高いか?

    せっかくのゴールデンウィーク、悩むところですね。

     

     

    過去の日記はこちら

    久慈浜だっぺ。

     

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
    にほんブログ村


    ブログ村ランキング報告

    0

      みなさん、どうも。

       

      皆さんにランキングバナーをクリックしていただくと、ブログ村のランキングがどのように推移するかの1週間の実験を終了しました。

      ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

       

      1週間の推移を表にまとめました。

      月日 4/10 4/11 4/12 4/13 4/14 4/15 4/16
      クリックポイント 0 60 50 70 20 50 20 270
      投げ釣り順位 58 40 29 23 22 21 20
      軽登山順位 49 23 14 9 8 8 5
      アクセス数 127 91 123 182 209 161 125

       

      ランキングの推移の仕方と、ランキング(順位)とアクセス数の相関が知りたかった訳ですが、順位が上がったからと言ってアクセス数が増えるわけではないことが分かりました。

      順位を上げたい訳でも、アクセス数を増やしたい訳でもありませんが、正直なところ、どちらも気になってはいました。

      今回の実験でそのへんがはっきりしたと言うか、諦めがついたと言うか、マイペースが一番だということを再認識しました。

      今後は、順位やアクセス数を気にせず気ままに書いていきたいと思います。

       

      ご協力いただきました皆様、重ねてお礼申し上げます。

      今後ともご贔屓にお願いいたします。

       


      カレイ用半誘導天秤

      0

        みなさん、どうも。

         

        カレイ釣りのときに使う天秤は主に半誘導式天秤を使っていますが、自作ではなくヤクオフでいつも同じ出品者の物を購入しています。
        毎回10本入りを購入しますが、根掛かりやすっぽ抜けでロストしながら2〜3年おきに購入しています。
        同じ構造で細いステンレス線を使ったキス用半誘導天秤は自作しているのですが、カレイ用はそれなりに太い材料を使わなければならないため工具も必要ですし、材料を余らせてももったいないと思い、購入した方が安上がりと思っています。
        ところでカレイ釣りの天秤は現在どのタイプが主流なのでしょうか?
        私は、カレイ釣りを始めたころは誘導天秤(海草天秤)を使っていましたが、その後、遠いポイントまで投げたいし、どうせアタリは分からないだろうし、誘導と固定ではカレイの食いに大差はないのではないかと思いL型固定天秤(Lキャッチ)を使う時期が長く続きました。
        数年前から遠投しなくなった(できなくなった)こともあり、よりカレイの引きを堪能できるだろうと半誘導式も使うことにしています。
        天秤によって釣果は変わるのでしょうか?
        赤より白の方が釣れる気がする。

        お願い

         

        当ブログがブログ村のランキングに参加していることはご存知の方も多いと思います。

        ランキングが上昇することは、ブロガーにとってひとつのモチベーションになります。

        私もホームページを中止してブログを始めたころは、ランキングアップのために自宅のパソコンと勤務先のパソコンからランキングバナーをクリックしてポイントを上げていた時期があります。

        当時参加していた「軽登山・トレッキング」ジャンルで10位以内に入っていたこともありましたが、あまりにも虚しいので自分でクリックすることは止めました。

         

        今頃、こんな事を言うのは本末転倒というか恥も外聞もないことですが、ブログを書くということは、商用目的でない場合は全くの自己満足(承認欲求)です。

        そこで、一度だけ現時点での客観的評価を確認したいと思っています。

         

        ご面倒でなければ、下記のブログ村バナーのお好きな方をクリックしていただけると幸いです。

        今日から4月16日までの1週間だけお付き合いいただければ、1週間後の4月17日または18日に結果をご報告させていただきたいと思います。

         

        ちなみに4月10日 21:00現在 INポイント20

        カテゴリー 投げ釣り 58位

        カテゴリー 軽登山・トレッキング 49位 です。

         

        よろしくお願いいたします。

         

        過去の日記はこちら

        久慈浜だっぺ。

         

        にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
        にほんブログ村

        にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
        にほんブログ村


        妄想

        0

          みなさん、どうも。

           

          先日、上州屋へ行ったときにゴムボートのカタログをもらってきた。
          買うわけじゃないんだけどね。
          時々、「ボートでカレイやキス釣りができたらいいな。」と思うことがある。
          また、「久慈川や那珂川をボートで下ったら面白いだろうな。」とも考える。
          さすがにプレジャーボートは買えないけど、ゴムボートなら何とかなりそうだし。
          でも、実際に買ったら、保管・運搬・メンテナンスなどやらなければいけないことがいっぱいありそうだし、だいたい、内房などと違って茨城は波がそれなりにあるからゴムボートを出せる日はかなり少なくなるから「宝の持ち腐れ」になると思うし。
          久慈漁港にも多くのプレジャーボートが係留されているけど、頻繁に出航しているのは限られたボート(人)だけのようだ。
          友人の漁師が言っていた。「漁に出られるのは年間160日くらいかな?」
          専業の人たちでさえその程度なのだから、週末釣り師には猫に小判だね。
          でもねぇ、時々、ゴムボートでキスを爆釣している自分を妄想してしまうんだな。

           

          お願い

           

          当ブログがブログ村のランキングに参加していることはご存知の方も多いと思います。

          ランキングが上昇することは、ブロガーにとってひとつのモチベーションになります。

          私もホームページを中止してブログを始めたころは、ランキングアップのために自宅のパソコンと勤務先のパソコンからランキングバナーをクリックしてポイントを上げていた時期があります。

          当時参加していた「軽登山・トレッキング」ジャンルで10位以内に入っていたこともありましたが、あまりにも虚しいので自分でクリックすることは止めました。

           

          今頃、こんな事を言うのは本末転倒というか恥も外聞もないことですが、ブログを書くということは、商用目的でない場合は全くの自己満足(承認欲求)です。

          そこで、一度だけ現時点での客観的評価を確認したいと思っています。

           

          ご面倒でなければ、下記のブログ村バナーのお好きな方をクリックしていただけると幸いです。

          今日から4月16日までの1週間だけお付き合いいただければ、1週間後の4月17日または18日に結果をご報告させていただきたいと思います。

           

          ちなみに4月10日 21:00現在 INポイント20

          カテゴリー 投げ釣り 58位

          カテゴリー 軽登山・トレッキング 49位 です。

           

          よろしくお願いいたします。

           

           

          過去の日記はこちら

          久慈浜だっぺ。

           

          にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
          にほんブログ村

          にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
          にほんブログ村


          カレイ仕掛けの装飾

          0

            みなさん、どうも。

             

            投げ釣りでのカレイ仕掛けの装飾について、最近ほとんどカレイ釣りに行っていない自分が、おまけに釣れない釣り師の自分が語るのはいかがなものか?とも思いますが、ちょっとだけ。

             

            最近聞いた興味深い話

            釣り友Aさん:マシュマロボールを付けるようになってから釣れている気がする。

            釣り友Bさん:マシュマロボールを付けて、釣れたことがない。

            釣り友Cさん:最近まで仕掛けに装飾を付けなかった。

             

            3人ともよく釣る人です。

            装飾の効果について疑問が湧きますよね。  

             

            カレイ仕掛けの装飾の世界(大げさ)で、一世を風靡して現在も主流なのはエッグボールですね。

            そして最近(でもないか?)頭角を現しているのがマシュマロボールとルミックスサンダーですね。

            ネットでいろいろなカレイ釣り師のブログなどを見ると、この二つが効果抜群と書かれているのを見かけます。


             

            自分は、派手でも地味でもない仕掛けを作っていて、たまにルミックスサンダーを付けたりしていますが、釣れたことがありません。(中途半端な仕掛け選びも釣れない原因か?)

            まぁ、私の場合は釣行が少ないのと、もともと釣れない人なのでサンプル数が少ないというか効果を検証するには至っていませんが、、、

             

            装飾が効果があることは確かだと思いますが、釣果を分けるのは「どんな装飾か」ではなく、釣り方であり、そこに装飾がマッチングしたときに釣れるのではないでしょうか。

             

            基本に忠実に、

            ,修譴覆蠅隆反瑤鮟个后

            ⊃形な餌を多めに準備する。

            1鷆疆蠅科ける。

            い海泙瓩僕兇Α

            セ合の時間帯に集中する。

            Τざ靴魍稜Г掘適切なポイントを選び、そこに合った仕掛けを使う。

            投げっぱなしにせずに、こまめに餌のチェックをする。(エサ取りの多いときは特に)

             

            そして一番重要なのは、

            「状況に合わせて現場で調整できる」ことではないでしょうか?

            どのポイントでも自分のお気に入りの仕掛けを使い、投げる距離はどの竿も同じ。そして、釣れなくても1日同じパターンで釣り続けていては、まぐれの爆釣はあってもコンスタントには釣れないのではないでしょうか。

             

            う〜ん、自分で言うのもなんですが、勉強になりました。

            次回はこの通りにやってみよう。(釣れなかったりして、、、)

             

             

            過去の日記はこちら

            久慈浜だっぺ。

             

            にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
            にほんブログ村

            にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
            にほんブログ村


            最近、釣り具屋に行かなくなった。

            0

              みなさん、どうも。

              休日の午後、「科捜研の女」の再放送を楽しみにしている自分に対して、「歳をとったもんだ。」と呆れている自分がいたりして。

               

              久しぶりに釣り具屋に行きました。

              カレイ仕掛けのサルカンやスイベルが少なくなったので買いに行って来ました。

              いつ以来だろう?

              なんとなく釣りから遠ざかってるし、針や小物類は十分に在庫があるし、新製品に興味が湧かないし。

              そういえば、釣り具入れから買ったけど使っていないラインが2個出てきた。

              いつか巻き替えようと思って買ったカレイ用PE1.5号とキス用PE0.8号。

              現在、リールに巻いてあるPEラインは、何年前のものだろう?

              PEラインって、強度があり感度が良いのが特徴だけど、寿命が長いのも特徴だよね。

              途中で切れたラインをつなぎ直したり、同じ太さの他のラインをつないだりしているから25m毎の色分けがめちゃくちゃになっている。(青・赤・緑・黄の順番だったはずが、青・青・赤・黄・黄・緑になっていたり)

              それでも特に不自由していないのは、基本的に4色程度しか投げられないから色を覚える必要がないことが理由かな。

               

              そういえば最近、安いPEラインが増えたね。

              ネットオークションなどでは1,000円台で買えるのもあるしね。

              これなら頻繁に巻き替えてもいいかな。

               

               

              過去の日記はこちら

              久慈浜だっぺ。

               

              にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
              にほんブログ村

              にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
              にほんブログ村


              当たり竿かも

              0

                みなさん、どうも。

                 

                小名浜沖堤防へ行って来ました。

                暖かくなって活動意欲が湧いてきたようです。

                カレイの活性も上がっていると良いのですが、、、

                 

                1枚目が釣れたのが9:40

                2枚目が11:00

                今日は10時が干潮潮止まりなので、10時前後に釣れるだろうと思ってはいましたが、5:30に開始して9:40まで釣れない時間が続いて「もしかして今日はボーズ?」という嫌な予感もしましたね。

                 

                マコガレイが2枚釣れましたが、2枚とも『あの竿』でした。そう、415-27Tです。

                4本のうちこの竿だけって、すごい確率ですよね。

                先日の久慈漁港でのデビュー戦でもこの竿だけ小型イシガレイが2枚釣れましたから、いわゆる『持っている』のかもしれません。

                この好調はいつまで続くでしょうか?

                とりあえず、こんな竿を作ってしまって、シマノさん、ダイワさん、ごめんなさいですね。

                 

                釣れた2枚は偶然どちらも42僂任靴拭

                しかし、手ごたえは全く別ものでした。

                最初のは「カレイが付いてるな〜。30儻緘召な〜。」でしたが、2枚目は「すごい手ごたえ!もしかして50オーバー?」でした。

                それもそのはず、身の厚さが全く違っていました。

                産卵直後の個体と体力を十分に取り戻した個体の違いでしょうか。

                重量を量ってみたら780gと980gでした。違うもんですね。

                 

                久しぶりの日の出

                段差仕掛けにサバ2匹

                サイズは同じだが、重量が大きく違う。

                 

                今日は偶然にも栃さんやTAKAさん、ヨタさんたちも来ていました。

                ヨタさん4枚とか、釣る人は釣るもんですな。

                 

                「戻りのカレイは美味かった」と言うことで、今回は女房の作った煮付けの写真を載せておきます。

                『ふわふわみっしり』の食感はお伝えできませんが、食べ終わった後の骨だけの写真で、カレイの煮付けの「身離れの良さ」(煮汁が濁っていない)はご理解いただけるのではないでしょうか。

                 

                 

                過去の日記はこちら

                久慈浜だっぺ。

                 

                にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                にほんブログ村

                にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
                にほんブログ村


                俺は軟弱だ。(ミツマタを見に行ってしまった。)

                0

                  みなさん、どうも。

                   

                  日曜日は久しぶりに小名浜沖堤防へカレイ釣りに行こうと考えていました。

                  しかし、前日の天気予報では、快晴なれど北西風6mの予報でした。

                  港内向きの投げはモロ向かい風ですね。

                  強風が嫌いな私は、釣行を断念しました。

                   

                  軟弱だよね。

                  若い頃は、強風なんて関係なし、雨ならば釣り人(ライバル)が少なくていいなとか、雪でもノーマルタイヤで行っていたのに。

                  台風翌日なんて「シケ後の荒食い」なんて言って波4mでも行っていたのに。(まぁ、無謀とも言いますが、、、)

                   

                  大人の分別でしょうか?

                  億劫になっただけでしょうか?

                   

                  そんな訳で2年前から気になっていた茂木町のミツマタを見に行ってしまった。

                  鶏足山〜ミツマタ群生地〜焼森山〜鶏足山

                  見ごろは今週末から来週末にかけてらしく、7分咲きぐらいでしょうか。

                  一度見ておくべき景色です。

                   

                   

                   

                  来週からは終盤戦のカレイ釣りに全力です。(本当に行きますから。)

                   

                   

                  過去の日記はこちら

                  久慈浜だっぺ。

                   

                  にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                  にほんブログ村

                  にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
                  にほんブログ村


                  登山アプリに助けられました。

                  0

                    JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

                    JUGEMテーマ:登山

                     

                    みなさん、どうも。

                    奥久慈の山、なめたらいかんぜよ。(フォーエバー夏目雅子)

                     

                    3月24日(土) 奥久慈:武生神社〜中武生山〜亀が淵(寄らず)〜武生神社

                     

                    2回、道を間違えました。

                    その都度、登山アプリで現在地を確認しました。

                     

                    今日のルートは、奥久慈では普通の地形図に破線が無いルートです。

                    ネットで先人のルートを見つけて印刷して持参しました。

                    コンパスも頻繁に使いました。

                    登山アプリも頻繁に現在地を確認しました。

                    それでも2回間違いました。

                     

                    2回目は、本来の尾根を左に外れて隣の尾根を歩いてしまいました。

                    変だなとは思いましたが、川まで下りてしまいました。

                    間違った分岐まで戻らなければという気持ちと、疲れているので登り返しは嫌だという気持ちのせめぎあいで、「このまま川を下れば帰れる。」という気持ちが湧いていました。

                    遭難するのはこんな時だよね。川を下っても途中で立ち往生することは分かっているはずなのに。

                     

                    おかげさまで登山アプリで現在地を確認しながら戻ったので、元の(間違った)分岐まで戻れました。

                    難しいね。

                    間違いやすい場所(分岐)に限ってピンク(赤)テープが無いってことは、「自分で考えろよ!」ということだと理解して、地形図読みの能力向上に励みます。

                     

                    そんな訳で、気持ちに余裕がなかったので写真を撮る気にもなりませんでした。

                     

                    そういえば、ちょうど武生神社前に戻ったときに、篭岩あたりの上空でヘリが遭難者を救助しているのを見かけました。

                    篭岩か湯沢源流あたりで滑落した人がいたのでしょうか。

                    気をつけなければいけませんね。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    過去の日記はこちら

                    久慈浜だっぺ。

                     

                    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                    にほんブログ村

                    にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
                    にほんブログ村


                    カレイ仕掛けは、段差か?吹き流しか?

                    0

                      どうも。

                       

                      まじめなカレイ釣りに何年も行っていない自分が言うのもなんですけど、投げのカレイ釣りの仕掛けについて語らせてください。

                       

                      投げのカレイ釣りの仕掛けは、雑誌「磯投げ堤防」に吉田育生さんが登場した30年ほど前から劇的に変わったのではないでしょうか。

                      それまでは吹き流し仕掛けの針に青イソメを1匹通し刺しにするのが一般的でしたが、彼の登場で房掛けが世間に周知されることになりました。また、より餌のボリュームを大きく見せるために、段差仕掛けも主流になったと思います。

                      また、青イソメと赤イソメ(岩イソメ)のミックスも流行しました。

                      竿数も2本から4本へ。

                      それまでボーズは当たり前、釣れても1枚が普通でしたが、複数枚釣れるのも珍しいことじゃなくなりました。

                       

                      カレイ釣りは進歩しました。

                      よほど条件が悪くなければ、ボーズは無いでしょう。

                       

                      私はずっと段差と吹き流しを半々で使ってきました。

                      しかし、12月の小名浜沖堤防で釣れたのも、数日前の久慈漁港で釣れたのも段差仕掛けでした。

                      (久慈漁港では、15cmのイシガレイがカットビッグサーフ14号を2本飲み込んでいた。)

                       

                      「なぜか、吹き流し仕掛けの枝針に釣れる。海底から浮いているからか?」という声をよく聞きますし、仕掛けの決定版は無いのかもしれません。

                      また、海底の状況(砂地か泥底か)や潮流の強さなどにも関係があるでしょうから、一概にどの仕掛けが良いかは決められないとも思います。

                      もしかしたら、根本的には仕掛けへのこだわりと釣果は関係ないかもしれませんが、「これと決めた方法でやり続ける」ことも結果的に良い釣果を得るのではないかと思っています。

                       

                      皆さんはどんな仕掛けにこだわりを持っていますか?

                       

                      過去の日記はこちら

                      久慈浜だっぺ。

                       

                      にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                      にほんブログ村

                      にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
                      にほんブログ村



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 困ったときの奥久慈男体山(反省編)
                        yama
                      • 困ったときの奥久慈男体山(反省編)
                        おとうとNo.1
                      • 困ったときの奥久慈男体山(反省編)
                        yama
                      • 困ったときの奥久慈男体山(反省編)
                        べろべろ
                      • 日光:社山:アカヤシオ
                        yama
                      • 日光:社山:アカヤシオ
                        おとうとNo.1
                      • 茨城弁『かえって』 茨城放送 青なじみ マシコさん
                        yama
                      • 茨城弁『かえって』 茨城放送 青なじみ マシコさん
                        通りすがりでごめんなさい
                      • 大漁の後で
                        yama
                      • 大漁の後で
                        おとうとNo.1

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:148 最後に更新した日:2018/07/16

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM